高校生の卒業即メジャー挑戦は不可、MLB「事前登録制」

baseball-150214

突然だが想像してみてほしい。
甲子園を沸かせた若きスターが、卒業後すぐにメジャーリーグには挑戦できないということを。

日本の高校生が卒業と同時にアメリカ・メジャーリーグに挑戦することが事実上不可能となっていたことがわかりました。

メジャーリーグ機構(MLB)は所属する全30球団に対し、1995年9月以降に生まれた海外のアマチュア選手を獲得する場合に、5月までに出生証明書などをMLBに提出することを求める「事前登録制度」を通達しました。

出生証明書を入手するためには選手側と接触することが必要となりますが、日本国内では日本学生憲章「高等野球部員のプロ野球団との関係についての規定」によって、原則として「夏の甲子園大会」が終了した翌日以降にしか選手と直接的な接触を行うことはできません。

MLBの新ルールは2013年から適用されており、この新ルールにより有望な高校生が日本のプロ野球を経由せずに直接メジャーリーグに挑戦することができなくなったため、「日本球界の空洞化」は避けられることになりますが、メジャーリーグを志す高校生にとっては進路の選択肢が狭まったともいえるでしょう。

スポンサーリンク

MLBの事前登録制度

MLBが各球団に提出を求めているものは、獲得の可能性がある選手の氏名や在籍する学校名、年齢を判別できる出生証明書やパスポートの写しとなっています。

経緯として、メジャーリーグでは中南米の選手が年齢を詐称し入団することが問題化しており、「事前登録制度」は防止対策の一環とみられています。

事前登録制度は中南米だけではなく、日本や台湾、韓国などメジャーリーグのドラフト対象国を除いた海外すべてが適用となります。

日本では大谷翔平選手がメジャー挑戦希望も

日本では2012年に岩手・花巻東高校3年だった大谷翔平選手(日本ハム)が、高校卒業後の進路として日本のプロ野球を経ずにメジャーリーグに挑戦することを表明していました。

その後、日本のドラフト会議で1位指名を受けた日本ハムへと入団したものの、MLBの「事前登録制度」ルールが適用されていれば、たとえ大谷翔平選手が高校卒業のメジャーリーグ入りを希望していたとしても、メジャーリーグ球団が5月までに必要書類をMLBに提出していなければ、2012年にはメジャーリーグ球団と契約を結ぶことはできなかったことになります。

メジャーリーグの駐日スカウトは「日本の高校生の個人情報を5月以前に選手側と接触して入手するのは、プロアマ規定に抵触してしまう。今後、有望な高校生を含めアマチュア選手を獲得するのは事実上、不可能になった」と話しています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です