マリナーズのサンチェス投手が死去、ボートと衝突し意識不明

メジャーリーグのシアトルマリナーズは3月28日、オフ期間である2月13日にベネズエラ東部にある海岸で遊泳中にボートと衝突し、頭がい骨骨折で意識不明になっていたビクター・サンチェス投手が死去したことを発表しています。

ベネズエラ出身のビクター・サンチェス投手は20歳の将来を有望視されていた選手で、2011年にシアトルマリナーズと契約し、2013年には1Aでノーヒットノーランを達成、2014年は2Aで7勝6敗、防御利4.19の成績を残していました。

メジャーリーグ公式サイトの「MLB.com」では、2014年に182cm、115kgの右投げ投手であるビクター・サンチェス投手をマリナーズの有望な選手とも紹介しており、シアトルマリナーズのジャック・ズレンシックGMは「ビクターはすばらしい若者であり、チームメートだった。メジャーリーガーになることを約束された才能豊かな選手だった」との声明文を発表し、その若すぎる死を惜しんでいます。

Mariners prospect Sanchez dies in Venezuela
http://m.mariners.mlb.com/news/article/115372234/mariners-prospect-victor-sanchez-dies-in-venezuela

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です