ドラフト注目NO.1 高橋純平投手(県岐阜商)は甲子園で活躍?

baseball-150214

突然だが想像してみてほしい。
甲子園で活躍し、ドラフト1位で指名される可能性のある投手を。

2014年の高校生投手No.1と言われている高橋純平投手(県岐阜商)は、春の甲子園・選抜高校野球大会で4日目の第2試合、松商学園(長野)と対戦します。自己最速の直球は152キロを記録し、活躍次第では今秋のドラフト会議で重複1位指名されるが可能性を秘めています。

高橋純平投手は、小学2年から梅林スポーツ少年団で野球をはじめ、中学時代に在籍した揖斐パワーズでは岐阜県選抜入りした3年秋時に142キロをマークしています。県岐阜商に進学し1年春からベンチ入り、秋にはエースとして活躍してきました。

2年時の夏は県大会4強、秋には県大会で準優勝となり東海大会でも2試合連続完封を含む、4試合33イニングを投げて、自責点1の35奪三振を記録し準優勝を果たし、春の甲子園・選抜高校野球大会への出場切符を手にしています。

すでに中日や阪神がドラフト1位候補に挙げていると言われるなか、巨人スカウトも「ほかの高校生とはレベルが違う。安楽投手(現楽天)も物凄かったけどそれ以上でしょう」と、その実力は折り紙付きです。

高橋純平投手の甲子園での活躍に期待し、将来のスター候補を見守りましょう。

スポンサーリンク

高橋純平投手

  • 生年月日 :1997年5月8日
  • 身長/体重:183cm/76kg
  • 投打   :右投右打

ドラフト1位として注目される高橋純平投手ですが、特筆すべき点もありながら課題も抱えていると評されています。

「投球フォーム」

腕の振りが強く、上半身の使い方にも癖は見られません。ストレートの軌道がシュート回転することも少なく、大きな問題点は見られないものの、やや重心の高さが見受けられるため、重心を落としたフォームを身に着けると球持ちがよくなるだろう、と言われています。

また、投げ終わったあとに姿勢が崩れることもなく、下半身の強さも見られます。甲子園ではバントなど小技を多用して高橋純平投手を揺さぶるチームが現れてくることが予想され、引き続き下半身の強化に努めることが投手としての下地にもなります。

「球種」

最速で152キロを誇るストレートは文句なく、本格派投手として高校生の中ではランクが違います。変化球はスライダーやカットボールを軸にした投球を組み立てていますが、直球と球速差のでるカーブを武器にできればよりストレートが生きてくると思われます。

ピッチングマシンの性能向上もあり、速いだけのストレートでは打者を封じ切れない場面もあり、今後のステップアップとして緩急を備えた投球術が必要になってきます。

「コントロール」

変化球でもストライクを取れてはいるものの、ワンランク上を目指すためにもコーナーに投げ分けられるようにすることが必要でしょう。ストレートを外角低めに投げ切れる力はあるので、変化球でも同様に決め球とできることで安定感のある投手となることができると思われます。

「総合力」

ピンチでも焦らず、マウンドから冷静に打者を見つめながらも強気に攻める性格は投手として魅力的です。

高校生レベルでは完成しているとはいえ即プロで通用するわけではなく、成長が必要ながらもまだ素材として伸びしろがあると言われています。

時には力で時には技を駆使して、甲子園を勝ち進みながら投球のコツを覚え、勝つための投球術を身に着けていくことに期待しましょう。

スポンサーリンク

コメント

  1. 駒村 より:

    高橋君残念でした。ただチームの皆は甲子園を目標に頑張ってきました。そのことに対してマスコミの次があると言う扱いはどうですかね?大事な時に力を発揮できないその子のもって生まれたものは、一生付きまといますね。君を否定する気持ちは全くありません。有り余る才能を次のステ―ジで発揮してください。ただ、ただマスコミの扱いがチームメイトに失礼過ぎる事が嫌なのです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です