選抜高校野球甲子園大会の選手宣誓文を短歌で、敦賀気比主将

baseball-150121

突然だが想像してみてほしい。
球児たちが白球を追いかける季節がやってきたということを、それが平和の証であるということを。

3月21日から甲子園で行われる第87回選抜高校野球大会の開会式、選手宣誓で敦賀気比(福井)の篠原涼主将が短歌を盛り込んだ宣誓文を披露しました。

「グラウンドに チームメートの 笑顔あり 夢を追いかけ 命輝く」

前日20日に行われた開会式リハーサルで篠原涼主将は、「堂々とできた。明日も今日と変わらず落ち着いてやりたい」と話し、高校野球の全国大会開催100周年を迎える歴史の重みと、野球ができることへの感謝を込めた宣誓を短歌であらわしました。

2013年度アカデミー長編アニメ映画賞受賞作品となったウォルト・ディズニーのアニメ映画「アナと雪の女王」の劇中歌「Let It Go~ありのままで~」の音楽に乗せ、2014年優勝の龍谷大平安(京都)を先頭に全出場高校32校が南から北の順に、憧れの甲子園で行進します。

球児たちの春を楽しみましょう。

スポンサーリンク

出場高校の組み合わせ

第1日目

  • 第1試合(10:30)[A] 九州学院(熊本) – 八戸学院光星(青森)
  • 第2試合(13:00)[B] 大阪桐蔭(大阪) – 東海大菅生(東京)
  • 第3試合(15:30)[C] 常総学院(茨城) – 米子北(鳥取)

第2日目

  • 第1試合(09:00)[D] 今治西(愛媛) – 桐蔭(和歌山)
  • 第2試合(11:30)[E] 立命館宇治(京都) – 静岡(静岡)
  • 第3試合(14:00)[F] 木更津総合(千葉) – 岡山理大付(岡山)

第3日目

  • 第1試合(09:00)[G] 奈良大付(奈良) – 敦賀気比(福井)
  • 第2試合(11:30)[H] 仙台育英(宮城) – 神村学園(鹿児島)
  • 第3試合(14:00)[I] 浦和学院(埼玉) – 龍谷大平安(京都)

第4日目

  • 第1試合(09:00)[J] 英明(香川) – 大曲工(秋田)
  • 第2試合(11:30)[K] 県岐阜商(岐阜) – 松商学園(長野)
  • 第3試合(14:00)[L] 近江(滋賀) – 九産大九州(福岡)

第5日目

  • 第1試合(09:00)[M] 糸満(沖縄) – 天理(奈良)
  • 第2試合(11:30)[N] 宇部鴻城(山口) – 健大高崎(群馬)
  • 第3試合(14:00)[O] 二松学舎大付(東京) – 松山東(愛媛)

第6日目

  • 第1試合(09:00)[P] 東海大四(北海道) – 豊橋工(愛知)
  • 第2試合(11:30)[Q] 二回戦([A][B]の勝者)
  • 第3試合(14:00)[R] 二回戦([C][D]の勝者)

第7日目

  • 第1試合(09:00)[S] 二回戦([E][F]の勝者)
  • 第2試合(11:30)[T] 二回戦([G][H]の勝者)
  • 第3試合(14:00)[U] 二回戦([I][J]の勝者)

第8日目

  • 第1試合(09:00)[V] 二回戦([K][L]の勝者)
  • 第2試合(11:30)[W] 二回戦([M][N]の勝者)
  • 第3試合(14:00)[X] 二回戦([O][P]の勝者)

第9日目

  • 第1試合(08:30)[Y] 準々決勝([Q][R]の勝者)
  • 第2試合(11:00)[Z] 準々決勝([S][T]の勝者)
  • 第3試合(13:30)[a] 準々決勝([U][V]の勝者)
  • 第4試合(16:00)[b] 準々決勝([W][X]の勝者)

第10日目

  • 第1試合(11:00)準決勝([Y][Z]の勝者)
  • 第2試合(13:00)準決勝([a][b]の勝者)

第11日目

  • 決勝戦(12:30)

過去の選手宣誓

2015年(第87回選抜)敦賀気比(福井)篠原涼主将

高校野球の全国大会が始まって100年。

戦争による中断や震災など、いくつもの困難を乗り越え、今多くの皆さんに支えられ、大好きな野球ができることに感謝します。

グラウンドに チームメートの 笑顔あり 夢を追いかけ 命輝く

生まれ育ったふるさとで、移り住んだところで、それぞれの思いを抱きながら見てくださっている全国の皆さんに、生きていることを実感してもらえるよう、この甲子園で自分らしく精いっぱいプレーすることを誓います。

2014年(第96回)作新学院(栃木)中村幸一郎主将

誕生90年という節目の年。今、この場所に立てることを誇りに感じています。

甲子園、その存在が私たちを大きく成長させてくれます。可能性がある限り、最後まで挑戦し続け、長く記憶に残る大会にすることを誓います。

今まで支えていただいた方々に感謝し、そして全国の野球を愛する人々に夢、感動を与えます。

2014年(第86回選抜)新庄(広島)中林航輝主将

これまで多くの先輩が勇気を与え続けてくれた甲子園。

今、私たちは子どものころから憧れてきたその甲子園という最高の舞台に、最高の仲間とともに立っています。ここに立っているのは、ふるさとの皆さんをはじめ、たくさんの方々の支えがあったからです。その方々への感謝の気持ちを胸に、また、全国の皆さんに「高校野球を見に行こう」と言ってもらえるよう、高校生らしく、爽やかに、すがすがしく、正々堂々とプレーします。

また、自分たちの姿が日本のあすへの希望となり、夢を追い求める力となるよう、これまでお互いに助け合い、頑張ってきたスタンドの仲間たちとともに、最後まで諦めず、力の限り、全力で戦うことを誓います。

2013年(第95回)帯広大谷(北海道)杉浦大斗主将

私たちは今、この甲子園球場に立てることに幸せを感じています。

第95回を数える長い歴史の中でさまざまな困難を乗り越え、本当に多くの先輩方が前を向き、夢、感動、勇気を与えてくれました。それを私たちが継承し、また先輩方に負けないように決して諦めず、仲間を信じ、未来を信じ、今よりも一歩でも前進します。

今生きていること、すべての命に生かされている重みをしっかりと受け止め、高校生らしく爽やかに、すがすがしいプレーをすることを誓います。

2013年(第85回選抜)鳴門(徳島)河野祐斗主将

85回を数えるこの選抜大会は、全国の多くの人達に、夢や感動を、ときには明日へ生きる力を与えてくれました。

私たち36校の球児たちは、今、こうして、憧れの甲子園の舞台に立てることを、支えてくれた全ての人達に感謝し、先人達が積み上げてきた85回の歴史に新たな1ページを加えます。

そして、たくさんの人達の絆に支えられ、掴んだこの甲子園の舞台で、最後まで決してあきらめず、全力でプレーすることにより、東北をはじめ全国の困難と試練に立ち向かっている人達に、大きな勇気と希望の花を咲かせることを、ここに誓います。

2012年(第94回)酒田南(山形)下妻貴寛主将

私が暮らす東北を、そして東日本を未曽有の災害が襲ったあの日から、いま日本は決して忘れることのない悲しい記憶を胸に、それでも復興への道を少しずつ確かな足取りで歩み始め、多くの試練と困難に立ち向かっています。

私たちのひた向きなプレーが、あすへと懸命に生きる人々の希望となることを信じ、私たちの躍動する体と精神が、あすへと進む日本の無限の可能性となることを信じ、そして、私たちの追い続ける夢が、あすの若者の夢へとつながっていることを信じます。

全国の仲間が憧れたこの甲子園で、わき上がる入道雲のようにたくましく、吹き抜ける浜風のように爽やかに、正々堂々と全力でプレーすることを誓います。

2012年(第84回選抜)石巻工(宮城)阿部翔人主将

東日本大震災から1年。日本は復興の真っ最中です。

被災された方々の中で苦しくて心の整理のつかない方、今も当時のことや亡くなられた方を忘れられず悲しみに暮れている方々がたくさんいます。

人は誰でも答えのない悲しみを受け入れることは苦しくて辛いことです。しかし日本がひとつになり、この苦難を乗り越えることができれば、その先に大きな幸せが待っていると信じています。

だからこそ、日本中に届けます。
感動、勇気、そして笑顔。
見せましょう、日本の底力、絆を。

われわれ高校球児にできること。
それは全力で戦い抜き、最後まであきらめないことです。
今、野球ができることに感謝し、全身全霊で正々堂々とプレーすることを誓います。

2011年(第93回)金沢高校(石川)石田翔太主将

春から夏にかけて、どれだけの時が経っても忘れることのない、さまざまなことが起きました。

それでも、失うばかりではありません。日本中のみんなが仲間です。支え合い、助け合い、頑張ろう。

私たちは精一杯の笑顔で、全国の高校球児と、思いを白球に込め、この甲子園から消えることのない深い絆と勇気を日本中の仲間に届けられるよう、全力でプレーすることを誓います。

2011年(第83回選抜)創志学園(岡山)野山慎介主将

私たちは16年前、阪神淡路大震災の年に生まれました。

今、東日本大震災で多くの貴い命が奪われ、私たちの心は悲しみでいっぱいです。被災地ではすべての方が一丸となり、仲間とともにがんばっておられます。

人は仲間に支えられることで、大きな困難を乗り越えることができると信じています。

私たちに今できること。それはこの大会を精いっぱい元気を出して戦うことです。
がんばろう 日本。生かされている命に感謝し、全身全霊で正々堂々とプレーすることを誓います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です