○○のダルビッシュ、○○二世選手たちのプロ入り後は

baseball-150214

突然だが想像してみてほしい。
○○二世と呼ばれる選手に本家を超える人たちは数少ないということを。

スポーツ選手が注目を集める際にメディアがよく使う表現として「○○二世」や「○○のダルビッシュ」、「○○のイチロー」というように、偉大な成績を残している先人の名前をつけられているのをよく目にしませんか。

「○○二世」などとと言われ期待された選手たちがプロ野球でどのような成績を残しているのか見ていきましょう。

○○のダルビッシュ、○○二世と呼ばれた選手たちはプロ入り後どうなった?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150214-00022351-baseballk-base

スポンサーリンク

身長の高い投手は「○○のダルビッシュ」

プロから注目を集め、身長の高い投手の場合には「○○のダルビッシュ」という表現がよく使われています。「下町のダルビッシュ」と呼ばれたソフトバンクの吉本祥二投手(足立学園高)、「房総のダルビッシュ」西武の相内誠投手(千葉国際高)、「埼玉のダルビッシュ」こと日本ハムの中村勝投手(春日部共栄高)などが有名でしょうか。

二刀流として2014年には投手として10勝、打者として10本塁打という日本球界初の記録を達成した日本ハムの大谷翔平投手も「東北のダルビッシュ」と呼ばれていました。

しかし「本家」であるダルビッシュ投手は高卒1年目は5勝5敗の成績に終わったものの、2年目は12勝5敗、3年目には15勝5敗で最多奪三振とMVP、沢村賞までもを獲得し、日本通算7年で93勝38敗という成績を残している偉大すぎる投手です。

「○○のダルビッシュ」「ダルビッシュ二世」と呼ばれた投手の中では、残念ながらまだまだ見劣りすると言わざるを得ませんが、大谷翔平投手は二刀流ということで、投手成績だけで見ると物足りなく映るかもしれませんが、打者としての活躍もあり、「大谷二世」や「○○の大谷」といったように呼ばれるくらいの選手となっていくかもしれませんね。

野手は「○○のイチロー」

俊足巧打の野手には「○○のイチロー」と呼ばれた選手が数多くいます。「薩摩のイチロー」と呼ばれたMLBブルージェイズマイナー川崎宗則選手(鹿児島工高)、「上州のイチロー」ことオリックスの駿太選手(前橋商高)がいます。

川崎宗則選手は、イチローには及ばないまでもWBCやオリンピック日本代表に選出されるなど日本球界を代表する選手になり、メジャーリーグ移籍を果たしています。

速球を武器とする本格派は「松坂二世」

球速150キロを超えるストレートを武器とする本格派投手は「松坂二世」と呼ばれることが多い時期がありました。

代表格としては2001年夏の甲子園大会、当時では最速の154キロを計測したソフトバンクの寺原隼人投手(日南学園高)がいます。

寺原隼人投手は期待も大きくドラフトでは4球団から1位指名を受けますが、プロ通算13年で60勝74敗と「本家」松坂大輔投手からは物足りない印象です。

二世選手のプロ入り後の成績

本家 ダルビッシュ有 投手

NPB通算:93勝38敗0S 防1.99
MLB通算:39勝25敗0S 防3.27

  • 中村勝  投手 12勝11敗0S 防3.71
  • 吉本祥二 投手 一軍登板なし
  • 相内誠  投手 0勝2敗0S 防14.54
  • 大谷翔平 投手 投手:14勝4敗0S 防3.07、打者:打率.257 本13 点51

本家 イチロー 選手

NPB通算:打率.353 本118 点529
MLB通算:打率.317 本112 点717

  • 川崎宗則 選手 NPB:打率.294 本27 点369、MLB:打率.235 本1 点48
  • 駿太   選手 打率.227 本8 点43

本家 松坂大輔 投手

NPB通算:試204 108勝60敗1S 防2.95
MLB通算:試158 56勝43敗1S 防4.45

  • 寺原隼人 投手 60勝74敗23S 防3.90

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です