Androidは電池の残量で居場所が「93%特定」される?

android-150225

突然だが想像してみてほしい。
Androidでは電池の残量からでも位置情報が誰かに取得されてしまうということを。

Googleが開発した「Android」を搭載したスマートフォンの位置情報が、バッテリー(電池)残量によってリアルタイムに特定・追跡できる技術が公表されました。

スタンフォード大学とイスラエルの軍事企業ラファエルが共同開発したもので、「パワースパイ」と名付けられたアプリケーションをインストールしたスマートフォンで、バッテリーの電力消費量データから通信会社の基地局とスマートフォンの位置関係を割り出す仕組み、となっています。

開発者は「常に居場所が監視され、重大なプライバシー侵害を招く」と警告しています。

スポンサーリンク

パワースパイ

スタンフォード大学とイスラエルの軍事企業ラファエルの共同研究チームは、携帯電話やスマートフォンがNTTドコモやau、ソフトバンクに代表される通信会社の基地局から電波を受信している状態でも微量の電力を消費しており、電波が届きにくい場所などでは電力消費量が通常よりも増大することに注目しました。

「パワースパイ」では、この電力消費量を解析し通信基地局からの位置をほぼ正確に特定することに成功しており、LG製の「Nexus 4」を用いた実証実験では成功率が「93%」であったと発表しています。

携帯電話やスマートフォンは電源が入っている限り、電波が最適に受信できる通信基地局と通信しており、通信会社側はスマートフォンがどの通信基地局と通信しているかを把握することが出来ます。通信基地局の通信範囲から、スマートフォンの居場所もおおよそ特定することが可能です。

「パワースパイ」は、この仕組みを用いてGPSと同じような制度で、居場所を特定することが出来るとしており、「Androidがバッテリー情報については利用者の同意なしに入手できることが欠陥」だと指摘しています。

共同研究チームでは、人気ゲーム「アングリー・バード」など計179種類のアプリについて、アプリの提供者側が「バッテリーの消費量データ」を入手していることを確認したとしています。

研究チームは「わずか数分のバッテリーの消費量を基に、スマホの位置を特定し追跡できる」としており、悪意のハッカーや情報機関がこの技術を特定個人の監視などに利用する危険性を指摘し、社会への注意喚起とGoogleに改善を促す考えを示しています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です