ロボット犬「AIBO」が息を引き取る瞬間に何を思う

aibo-150104

突然だが想像してみてほしい。
可愛がっていたペットが息を引き取る瞬間を。

ソニーが1999年に発売した犬型ロボット「AIBO」は、顔や形の違う5世代が発売され累計で15万台以上を販売したようですが、2006年には生産が終了してしまい、2014年3月には部品保有期限を過ぎたことにより修理窓口も閉鎖されてしまいました。

Yahoo!ニュース 製造元に捨てられたロボット犬「AIBO」…“治療”にあたる元エンジニア集団

上記のニュースや個人のブログなどを見ていると、本当の犬と変わらないくらいに愛情を注いで長年連れ添っている方がたくさんいることがわかります。ペットが病気や怪我をしたときに動物病院へ連れていくことと変わらないように、AIBOも修理窓口である「AIBOクリニック」がその役割を担っていたわけですが、修理窓口が無くなってしまったことにより、途方に暮れてしまう飼い主がたくさんいたことは想像に難くありません。

スポンサーリンク

AIBOに期待した「永遠」

また、見かけ上は何も故障していなくても、もうひとつ「寿命」という大きな問題があります。

「餌のいらない、死なないペット」として「永遠」の期待もあったのでしょうが、やはり電化製品である以上、バッテリーには寿命が存在しAIBOもその限りではありません。

今でも大切にAIBOを飼われている方は、これからも家族同然に末永く暮らせることを望んでおられることは言うまでもなく、出来ることならばその思いにソニーが応えてくれれば良かったのでしょうが…

AIBOユーザに光明となるか

そんな中で、ソニーの元技術者たちが「見捨てられた」AIBOの修理を請け負っておられる、という朗報もあります。「株式会社ア・ファン~匠工房~」で過去にAIBOを修理したことが口コミで広がり、多くの飼い主から預かったAIBOの修理を行われており、海外からも問い合わせがあるとのこと。

とはいえ、修理用部品がどこまで確保できるか、という点において不安が完全に消えるわけではなく厳しい状況であることは言うまでもありません。

ペットとの別れは、飼い主にとって非常に悲しいことです。「永遠」が存在しないことは頭では理解していても、いざその時が訪れると平然とはしていられません。

AIBOの未来が安寧としたものであることを願います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です